横瀬の人形芝居

横瀬の人形芝居のチラシはこちら

この人形芝居は、安政年間(1854〜1860年)に説経節の薩摩若登太夫の弟弟子で若松佐登太夫(初代横瀬村長・若林又右衛門)が江戸で人形の首を求め、創立したのが始まりといわれています。 横瀬の人形は、一人遣いであり、遣い手が人形の背中から手を差し入れる方式に特徴があります。これは、裾から手を差し入れる方式より発展したものと考えられます。また、人形芝居でありながら回り舞台を持つという点も特徴のひとつです。 ぜひ伝統芸能をお楽しみください。

 

 

公演期日

2017年5月14日(日) 開場13時 開演13時30分 終演予定15時30分

入場料 無料
場 所

横瀬町町民会館 ホール(横瀬町大字横瀬2000番地)

演 目

 「親子対面矢鳥の場」(おやこたいめんやとりのば)

 小栗判官実道記(おぐりはんがんじつどうき)より

 

「清姫怨霊の場」(きよひめおんりょうのば)

 日高川入相桜(ひだかかわいりあいざくら)より

交 通

・お車のご利用・・・圏央道狭山・日高ICから国道299号経由で約80分

  または、関越自動車道鶴ヶ島ICや花園ICからもお越し頂けます。 

  ※無料駐車場有     

・電車のご利用・・・西武秩父線横瀬駅下車、徒歩約15分。

主催

横瀬人形芝居保存会

後援

横瀬町教育委員会