期間・日程 2019年10月1日 10:00 AM ~ 2019年10月1日 4:00 PM
場所武甲山御嶽神社里宮(横瀬町大字横瀬879番地)
内容

問い合わせ先

横瀬町歴史民俗資料館(電話 0494-24-9650 午前9時~午後4時30分 

休館日:月曜日(ただし祝日の場合は翌日)、国民の祝日

概  要

歴史・文化が多く残る根古屋地区の武甲山御嶽神社里宮で、毎年4月15日と10月1日に町指定無形民俗文化財である里宮の神楽が行われます。

もともとは百(ひゃっ)穀(こく)豊穣(ほうじょう)を祈り、奉奏したと言われています。

楽器は大太鼓、小太鼓、笛(大拍子は現在使用していない。)からなり、囃子方は舞台ではなく、楽屋内から舞を見ながら奏することが特徴で、毎年多くのファンが訪れます。特に「大黒舞」では、三宝に載せた供物(くもつ)を見物客に振舞うため、子ども達からも人気です。

曲目は17座を数えましたが、現在、舞われている座名は、「翁渡し」、「御姫舞」、「剱鍛」、「天狗舞」、「神招き」、「大多福」、「岩戸開き」、「稲作り」、「大黒舞」、「魚漁り」、「隠箕隠笠」、「変面想」、「大蛇退治」、「終修祓」の14座となります。

 

注意事項

 駐車場がありませんので、電車でのご来場をおススメします。(西武秩父線横瀬駅下車徒歩20分。)

151002%e9%87%8c%e5%ae%ae%e3%81%ae%e7%a5%9e%e6%a5%bd-24

里宮の神楽