コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

寺坂棚田情報

コンテンツタイトル下地

寺坂棚田

寺坂棚田(てらさかたなだ)は、埼玉県内最大級の棚田と言われ、秩父盆地の東部、横瀬川(荒川支流)とその支流曽沢川(そざわがわ)との合流点に位置します。標高は230m~270mあり、東西400m、南北250mにわたり田畑が広がり、全体面積約5.2haのうち約4haが水田(約250枚)として利用されています。正面には雄大な武甲山を望む展望の場でもあります。

かつては、農業従事者の高齢化や後継者不足などにより、大部分が耕作放棄地となって荒れ果てていました。その状況下、平成13年から地元農家が中心となって、地域資源である棚田を長期的に保存・活用しようと団体を組織し、都市住民の稲作体験や棚田オーナー制度等を始めとした様々な事業を行い、棚田の保全管理に努めています。

2022年2月には、農林水産省が選定する「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」に埼玉県で唯一選ばれました。

イベント

ホタルかがり火まつり(7月上旬)

都会では味わえない幻想空間 かがり火と星空と楽器の協演

一夜限りのイベント。寺坂棚田に携わる方々が、より棚田を親しむイベントとして平成19年から実施。夕方から夜にかけて移りゆく風景を約600個のかがり火を見ながら過ごせるイベント。都会では味わうことのできない、ゆっくりした時間をお過ごしください。
田んぼでのイベントですので、長袖、長ズボン、ライト等の持参をおすすめします。

彼岸花まつり(9月中~下旬)

里山の畔に咲く彼岸花 懐かしい初秋のひととき

県内最大級の棚田で、武甲山を背景に、黄金の稲穂、畦に咲く約200万球の朱色の彼岸花、はぜ掛け、秋の虫の鳴き声、棚田のノンビリとした風景を楽しんで頂けます。棚田を守り続ける方々の温かい心を感じ取りながら、ゆっくりとお過ごしください。

※今後、状況により中止となる場合もございます。

基本情報

所在地
  • 埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬字寺坂 (横瀬駅から車で5分)
枚数
  • 約250枚
耕作面積
  • 約5.2ha(田4ha)
標高範囲
  • 230~270m
平均勾配
  • 1/10
保全団体
  • 寺坂棚田保存会

寺坂棚田へのアクセス

電車で

  • 西武鉄道 西武秩父線 横瀬駅下車。徒歩15分。
  • 秩父鉄道 御花畑駅下車。徒歩40分。

自動車で

  • 寺坂棚田南側駐車場

訪れる皆様へ

  • 路上駐車はお止めください。 専用の駐車場にお停めください。
  • 散策路のみを歩いてください。細い畦(あぜ)は決して入らないでください。
  • 稲穂など取らないでください 。たった一粒であっても、農家さんにとっては、丹精込めて育てた大切な宝です。
  • 人物の写真撮影はお声掛けください。 農作業等をされている方が特定できるような写真は、 その方に許可を取ってください。まったく知らないところで、 自分が写っている写真が展示や掲載されていたりするのは、 あまり気持ちのいいことではありません。ご理解ご協力をお願いします。
  • 農作業の邪魔をしないでください 。農作業は仕事であり、効率よく作業を進めています。 作業の邪魔をしないようお願いします。
  • 周辺住民の方々への迷惑になる行為はお止めください 。近隣は住宅地となっております。大声で騒いだり、住宅地をのぞく、私有地への立ち入りは絶対おやめください。

寺坂棚田保存会

問合せ/ 横瀬町振興課 TEL:0494-25-0114

寺坂棚田保存会は、寺坂集落協定、寺坂棚田学校、寺坂棚田オーナーの会、寺坂ふれあい農園の4団体が合同で、自然や農業の重要性から、歴史と伝統ある寺坂棚田の将来に向けた保全を積極的に行うことを目的とした組織です。

  • 寺坂棚田オーナーの会 平成20年設立 活動内容:稲作指導、棚田保全
  • 寺坂集落協定 平成12年設立 活動内容:農地の維持管理
  • 寺坂棚田学校 平成14年設立 活動内容:稲作体験
  • 寺坂ふれあい農園 平成18年設立 活動内容:小麦、野菜づくり

【募集】

寺坂棚田学校生徒 募集

寺坂棚田学校では、田起こしから収穫までの約10回の農作業を共同で行う生徒を募集しています。地元農家の方々が先生となり、一からお米づくりを指導してくれますので、安心してお米づくりが体験できます。

寺坂棚田オーナー 募集

寺坂棚田オーナー会では、田植えから稲刈りまで全ての行程のお米づくりを行うオーナーを募集しています。共同による農具の貸出しも行っていますので、本格的なお米づくりが楽しめます。

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る